上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞の記者である、金成隆一が、トランプ支持者へ取材を行った記録をまとめた、ルポタージュです。
なぜ、トランプを支持するのか、なかなか日本ではいる情報では、理解ができませんでした。
この本を読むことで、自分の中で少しは理解することができたように感じます。

高校を卒業して、勤勉に働けば、豊かに暮らすことができる時代が、アメリカにはかつてありました。
しかし、その時代はグロバーリゼーションにより失われ、中間層は、貧困層への転落の危機に直面しています。
そのことに、アメリカの人々は現状に対して強く不満を持っています。

これは、日本に暮らしている私たちが、格差社会へ危機と不満を持っているとのと決して大きな差はないと感じます。

その人々の不満を集め、変革者として、支持に変えたトランプ。
一般的な人々が、なぜこうも熱狂的にトランプを支持したのかを理解させてくれました。

一方で、トランプの今までの、人生や批判者への執拗な攻撃は、アメリカの将来へ深刻なリスクをもたらす危険性を孕んでいるという示唆を最後に加え、本の結びとしています。

トランプ政権誕生を支えた、アメリカ社会の一方の顔を、白日のもとに照らし出した、読み応えのある1冊です。

スポンサーサイト

仕事が忙しく更新が滞っており、申し訳ございません。広告表示防止のための更新となります。

釜ヶ崎といったらいいのか、あいりん地区といったらいいのか、西成といったらいいのか、それとも今池か飛田かといった方が近いのか。人によっても呼び名が大きく変わって来るこの土地。
日本最大のドヤ街(日雇い労働者の住む街)として発展し、現在では福祉の街と呼ばれるこの地は近年激変をしてきています。

一つ目の変化は、外国人観光客、特に経済的な旅をしているバックパッカーの街として駅周辺のホテルが変化していること。かつて、日雇い労働者の宿泊施設が、激安ホテルとして旅行者の間に人気を集めています。周辺の飲食店も外国人観光客目当ての商売を始めています。
面白いのは、日雇い労働者の荷物を預かっていた、荷物預かり所が、外国人観光客の荷物預かりも行っていること。駅周辺のロッカーや荷物預かり所は、英語の案内が当たり前になっており、実は国際化が極めてすすんだ街になっています。

二つ目は、中国人経営者によるカラオケ居酒屋の進出です。主に福建省からで出稼ぎにきた若い女性がガールズバーを開いています。だいたい、店員が2〜5人ぐらい、お客さんも15人も入ればいっぱいという小さなお店がそれこそ100件近く軒を連ねています。
あくまでテーブル越しの接待で、行政の指導もありエッチなことは御法度のようです。

中国系と見分けるコツは簡単。暖簾の真ん中2つをめくってあげているのが中国系の証です。

今回は、その中国人カラオケ居酒屋に突撃をしてきました。
たくさんの店がありますが、ボラれたらどうしようという恐怖はなかなかのもの。荷物には9,000円だけ入れて、あとは隠した場所にもう9,000円を入れるというビビリっぷりでの凸撃。

最初は萩之茶屋駅前まで行ってみましたが、中国人のカラオケ居酒屋通りといっても過言ではない状態です。飛田側に近づくほど、外に料金などが出ており、一見さんでも入りやすい雰囲気。
萩之茶屋駅前は、値段が出ている店も少なく大冒険といったところ。でも地元の人で繁盛しているのは萩之茶屋駅前から今池駅の間でしたね。

値段は、表示されているのを見る限りだとビール500円という激安さ。女の子は20代〜30代といったところで若くて美人さんが揃っていました。

勇気を出して一つのお店に凸撃。この「百合」というお店です。


こちらは若い女性2人にママさん1人の3人体制で営業していました。
ビールは表示通りの500円とのこと。
野菜炒めや麻婆豆腐など中国系のおつまみが1品500円
野菜炒めは普通に一皿出てきました(笑)

女性にお酒をおごっても1杯500円という安価さ。
3人全員におごっても1500円という激安さでした。

カラオケは歌いませんでしたが一曲100円でした。

このあたりで働いている女性たちはほとんど福建省から来た人たちばかりとのことです。
日本に来てから2年と6年と言っていたので結構長い間働いているんですね。
ずっとこの店にいると言っていました。

最近はお客さんが減っている不景気だとのことです。
月末に行ったのですが、ガランガランでした。

噂によると生活保護の出る1日になると繁盛するらしいです。
面白いですね。

2時間ほどいましたがお会計4,000円で出てくることができました。
計算していましたがボッタクリは全くなかったです。
たぶんチャージすら取られてない・・

お通しも出たのに。普通の居酒屋よりも明瞭会計です。
ガールズバーでこのお値段はかなりの破格でしょう。

さすが西成。価格破壊ですね。そのうち、他の町からも人が来るようになるんじゃないでしょうか。
怖がって損しちゃいました。

今度、大阪に行く時には他のお店も調査してみたいと思います。

私のもう一つのブログ「旅のことのはぐさ」に新たにVCアフリエイトを導入しました。
ホテルの紹介の時に、今まではリンクを貼ることができませんでしたが、このアフリエイトは

「エクスペディア」
検索が強力で一番使いやすいと思います。何かあれば日本語で電話対応してくれます。融通も結構聞いてくれました。
最近は修正されてきていますが、以前は中国のホテルは場所がずれていたので注意が必要でした。(Googleマップもおかしかったので、おそらく他のサイトも一緒だったかもしれません。)


「アゴダ」
アジア圏に強いホテル予約サイト。手数料を抜いた値段を出すので要注意ですが、値段の安いホテルはアゴダしか取り扱っていないことも多いので、欠かせません。


「Hotels.com」
世界最大手のホテル予約サイトです。こちらもエクスペディアで取り扱っていないホテルも取り扱っていたりします。


「DENAトラベル」
和製の予約サイト。後発ですが、飛行機のチケットなどが安かったとことがあったので何回か利用しました。なんとなく日本の会社の方が安心できるので同じ値段だったら使っています。
DeNAトラベル

「JTB」
いわずとしれた、超有名旅行会社。航空券は同じなら安心感で利用しています。最近は、激安ホテルも表示されるようになってきて、使いやすくなりました。海外の検索サイトに似ていたトルノスは、本体のサイトに統合されました。ちょっとサイトが重いのさえ改善されれば、完璧なのになあ。
(海外版)

(国内版)


と私が今まで利用した予約サイトの7割ぐらいは
カバーされていました。

紹介したホテルへ直接リンクすることもできるので
旅行ブログは読者の利便性も高まると思いますよ。

VCリンクは下記のサイトから申し込みができるのでどうぞ
(これもアフィリエイトなので私の紹介になっちゃいます。それが嫌な方は「VCアフィリエイト」で検索してみてくださいね。)


宣伝ばっかりのとんでもないページになってしまいましたが、
オススメなのは本当です。
あなたのサイトにぜひ設置して、ブログの使い勝手を改善してみてくださいね。
しかも自分で購入しても大丈夫とのことです。

もう一つのブログ「旅のことのはぐさ」の更新に注力をするため、こちらのブログについては当面更新を中断します。二つを同時に更新するのがなかなか難しいのでご了承ください。向こうのブログの更新に行き詰まったら、また再開したいと思います。
「旅のことのはぐさ」についても、ぜひお楽しみください。よろしくお願いします。

リンク先
http://hino0526.hatenablog.com/



最新記事(古い順)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。