アルジャーノンに花束を ダニエル・キース

SFの不朽の名作。
ドラマや映画化されたため名前は有名ですが
あまり小説は読んだことがない方が多いのではないでしょうか。

精神遅滞の主人公(チャーリイ・ゴードン)が手術の結果、
驚異的な頭脳を一時的に手にしながら再び元の状態に戻ってしまう経過を、
主人公本人が書いた経過報告の形をとってストーリーが語られていきます。
ちなみにタイトルの「アルジャーノン」は先行して知能が上昇する手術を受けたネズミの名前です。

最初から最後まで報告書の形式で描かれており、
一人称から離れることはないのですが、
他のキャラクターの内面についても、ありありと描き出しています。

最初の序盤部は、子供が書いたような誤字が散見されるひらがなで書かれた報告書から、
中盤は語彙力が足りないながらもしっかりとした文章になり、
後半になると冷徹な報告書へ、
最終部で最初の報告書の形式へと
だんだんと文体が変化していきます。

この名訳が物語の魅力をアップさせています。
しかし、序盤部のひらがなだらけの読みにくさが
この小説をとっつきにくくしている面もあります。
ここは耐えてください。中盤部からは一気にストーリーが展開していきます。

本小説、最大の魅力は不気味なまでの圧倒的なリアリティ。
まるでノンフィクションではないかと思われるほどです。

手術で知能程度が上がるという点についてはSFですが、
人の感情の動きや出来事については極めて現実的です。

知能が上昇する過程で、
今まで親友だと思ってきた職場の仲間がからかっていただけだと判り
万能の天才だと思っていた大学教授が手探りで研究をすすめている普通の人間だと理解しと
周りの人の知能をどんどんと追い抜いてきます。

その過程で主人公の誠実だった人柄が失われ
傲慢な性格へと変貌し社会とのつながりも断たれていきます。

知能が失われていくことがわかったときの
主人公の苦悩がまたリアルに表現されています。
最後には何もわからなくなってしまった主人公が
「ついしん(追伸)」を書き残すのですが、
これを読んだときは目頭が熱くなりました。

しかし、人間の人生を考えてみれば幼年から壮年へ
知能は上昇しますが、老年になるとだんだんと衰えていくことを
考えれば、私たちの人生をただスピードアップし、
知能の上がり幅を過剰に演出したものにすぎないのかもしれません。
そういう意味で言えば誰しも経験をした内容なのかも。
(痴呆になる過程を理解したまま経験した人はいないでしょうが、、、)

そう考えると知能というのもはかなく、もろいものであることを改めて思い出させられます。
毎日を大切に生きていかなければ、そんな感想を最後に持ちました。



「秘境駅」という言葉をご存知ですか?
人家が周りにない場所にある駅を示す言葉で
近ごろは鉄道会社も観光PRに使っており、
かなりメジャーになってきました。

私の訪問した秘境駅は「ほうらい丘駅」
坂本ケーブルの中間駅です。
ほうらい丘駅看板

降りても「霊窟の石仏」という観光スポットがあるだけで
どこにも行くことができません。

ケーブルカーなので2つの列車が同時に進行と停止をしなければなりません。
ちょうど反対側にもたて山駅があるので、どうせ停まるなら駅を作ろうということで
後からできたのがほうらい丘駅です。

さらに付けくわえるともたて山駅はそばにキャンプ場があるのでできたらしいですが
今はそのキャンプ場もなくなり、他に観光スポットもないので降りる人はほとんどいないようです。

さきほどどこにも行けないといいましたが、
正確に言うと登山道があります。
しかし、木々が生い茂っており
とてもじゃないですが進むことができません。
登山道もかなり近くを通っており、ハイキング客の声がときおり聞こえるほどなのですが・・


唯一の観光スポット「霊窟の石仏」はケーブルカー工事中に出土した
石仏を収めた洞窟。うすぐらい洞窟にびっしりと
出土した石仏が収められており、とても神秘的です。

霊窟の石仏

霊窟の石仏の内部

これだけでも十分降りてみる価値はあると思います。

ほとんど降りる人はいないので
ケーブルカーが行ってしまえば
完全に一人ぼっちになります。

私が訪問した時は日中だったので
木々の隙間から爽やかな光が差し込み
川のすぐ反対側にある高校から部活の練習の掛け声が響く
状態だったので怖さを感じることはありませんでしたが、
夕方、暗くなってからだとかなり不気味でしょう。

なお洞窟のそばの斜面にもたくさんの石仏があります。

ほうらい丘駅付近の石仏

石仏は織田信長に焼き討ちされた僧侶を悼んで地元の人が建立したと
伝えられていますが、なぜ人里離れた場所にたくさんの石仏があるのか不思議です。
昔はこのあたりにも集落があったのでしょうか?

次のケーブルカーが来るまで待たなければならないので
時間がかかってしまうのが欠点ですが、霊窟、石仏ともに
一見の価値があると思います。

ぜひ坂本から比叡山にお参りするときには寄り道をしてみては♪
ふもとの坂本の町は、石垣が使われていた美しい坂の街です。
寺社仏閣の見所も多く残っています。

ほうらい丘駅全景

帰りの電車はインターフォンで呼び出さないと止まってくれません。

地図


最後にお得な情報を一つ。
坂本ケーブルは、関西私鉄乗り放題パス「するっとKANSAI3Dayチケット(5,200円)」、「するっとKANSAI2Dayチケット(4,000円)」で乗ることができます。坂本ケーブルだけで往復1,620円しますので、関西以外から訪問を予定している方で電車に乗って移動する方はぜひご検討してみては。
(ただし、京都側から比叡山に登る叡山ケーブルとロープウェイは対象外なのでご注意ください。)
詳しくは、公式サイトで確認してみてください。
事前に近畿以外のエリアで買わないといけませんので買い方をしっかり読んでください。

関連情報
秘境駅、小和田駅へ。謎の洞窟も。
※私のもう一つのブログ「旅のことのはぐさ」へリンクしています。

竹林の道を抜けた、
先はどこか懐かしさを感じる
田園が残るのどかな風景。

ときおり人力車が駆け抜け
夕方に訪問すると
まるでタイムスリップしたかのよう。

そのエリアを通りすぎた奥に常寂光寺はあります。

小倉山の斜面に寺院が建てられており
メインの庭園は急な階段を登った上にあります。

PB091958.jpg

メインの男坂の横には
ゆるやかな女坂があり、
受付でお年寄りや足腰の悪い人は
こちらを使うように案内がされます。

庭園の魅力は自然と人の手の調和した庭園です。
他の有名な庭園が完全にコントロールされた
美しさであるならば
この庭園は自然に任せている部分が多く、
特徴的な魅力となってます。

PB091973.jpg

ハッとするような美しさというよりは
(紅葉の時期はハッとするほど美しいですが)
おだやかなじわりじわりと感じる
やさしげな美しさを持っています。

小倉百人一首 26番 
小倉山 峰のもみぢば 心あらば いまひとたびの みゆきまたなむ
貞信公

現代語訳 小倉山の峰の紅葉よ。哀れむ人の心を持っているなら、天皇の行幸まで散るのをまってはくれないか

法皇(天皇の父親)が、小倉山の紅葉を見たときに、天皇にも見せてやりたいと一言漏らした。そのときの出来事を連れ添っていた貞信公が歌にして天皇に送ったと伝えられています。(実のところ、「訪問して来い」という脅しが含まれているという説もあります。)
また、小倉百人一首はもともとこの地にあった小倉山荘という建物の襖のデザインのために選歌したと言われています。その選歌の作業は他ならぬ小倉山荘、(小倉山荘は隣の二尊院か常寺にあったと言われている。ただし他の説もある。)で行われたと言われています。

嵐山地区を読んだ歌は多く百人一首に
選歌されており、
渡月橋のすぐたもとには
時雨殿と呼ばれる
百人一首の博物館があります
(任天堂がつくったらしいです。
 興味はあるのですがまだ行ったことはありません。)

平安時代から讃えられた紅葉も見事ですが、季節ごとにまた違った魅力をもっています。
庭園も広いので丁寧に見ると1時間以上かかると思います。
また、渡月橋から歩くと15分程度かかります。
階段も多いので歩きやすい靴で訪問をお勧めします。

訪問する際は公式サイトに外国人の方が紹介するアクセスや魅力を
案内した動画があるので事前に学んでから行くとより楽しめるでしょう。



京都嵐山エリアの記事が増えてきたので
「京都嵐山」カテゴリを新たにつくりました。

渡月橋から上流へ向かって歩く遊歩道。
あまり訪れる人はいませんが、実は絶景を
楽しめるスポットです。

場所自体は、わかりやすいです。
渡月橋から南岸(阪急の駅側)を上流に向かって歩くだけ。
入口には絶景となぐり書きされた怪しげな看板があります。



船に乗っても楽しむことはできますが、
物売りが来たりと、なかなか自分のペースで楽しめなかったりします。

歩きだったらゆっくりと自分のペースで景色を心いくまで楽しむことができます。
渡月橋付近の混雑が嘘のような落ち着いた穴場です。

PB091898.jpg

PB091903.jpg

PB091895.jpg

PB091912.jpg

PB091902.jpg

こんな素敵な歩道を独り占めできちゃいます。
深い緑の中をゆっくりと進む舟を横目に気持ちの良い時間♪

途中には売店もあります。
(舟の人に舟で売りに行くお店の、補充場所が売店を兼ねています。)

終点には千光寺があります。

拝観料がかかるのと、急な上り坂なので
そこでUターンしてしまいましたが
このお寺も崖から眺める景観が最高らしいです。

今度、嵐山に行くときは千光寺にぜひ行ってみたい!

羽田空港の中に神社があることをご存じでしょうか?
最近、パワースポットとして知られつつあるらしいです。

神社があるのは、羽田空港第1ターミナルの1階です。
昔からあるビッグバードと呼ばれている建物。
今は日本航空の国内線が主に就航しているターミナルです。

その第1ターミナル、一階到着ロビーの
ちょうど建物真ん中あたり
ターミナル間バスの乗り場前の入り口を
入ったところの向かいに神社があります。

歯医者さんの隣に小さな部屋があり
そこに神様が奉られています。

普通の無機質な部屋の中に小さな祠の
ようなものが置いてあるだけですが、
何か神々しいパワーを感じる空気が
みなぎっており、小さくとも神社らしさを
感じさせてくれます。

羽田空港航空神社

部屋の入り口に掲げられてい額も立派でした。
神社の鳥居の真ん中に掲げられている物と同じ感じです。

3分ほどいましたが
他に訪れる人に出会うことはなかったです。
知る人ぞ知る、穴場スポットといった感じですね。

昔は建物の屋上とかに神社を祀るケースが
多かったので、それと同じような考えで祀られているのでしょうね。

メインの通路から少し奥まったところに
あるので人気がなくて少し怖いぐらいでした。
大勢の人がいる、空港の中とは思えないほど静かです。

最後に案内の看板を
羽田空港航空神社への通路

これを撮るときコイツ何を撮ってるんだ?
という目でトイレから出てくる人を待ってる人に
怪訝な目で見られてしまいました。

こんなところに神社があるなんて思わないですもんね。
ただ、看板を撮っている変な人だと思われたことでしょう。

今度、羽田空港に寄ったときは旅の無事を
祈ってお詣りしてみてはいかがでしょうか。



最新記事(古い順)