旗後灯台のすぐ西側に清朝時代の砲台の遺跡が残されています。
その途中にも昔の軍用に使われたトンネルが山中に口を開けています。
少し入ってみましたがかなり奥行きがあって不気味だったので10メートル
ほど入って引き返しました。

下から砲台に行く途中にも防空壕のような横穴がいくつか
空いていましたがこちらは入らないようい柵があります。

肝心の砲台はかなりの規模。
ところどころ崩れたりしていますが、煉瓦造りの丈夫さか
主要な施設は原型を残しています。

P_20141231_142450.jpg

P_20141231_141940.jpg

P_20141231_142123.jpg

かつての入り口へ通じる道は木々に覆われており、裏側から入る形になります。
本当の入り口には立派な門と額が残っていますので忘れずに見ていってください。

P_20141231_142245.jpg

後ろには高雄港を守っている防波堤が見えました。
砲台の下にあるトンネルを抜けると防波堤まで行けるらしいです。
(星空隧道というトンネルがあるみたいです。)
P_20141231_142454.jpg

あまり現地の人には人気がないので休日に訪問しても閑散としています。静かに落ち着いて観光することができました。

■旗後砲台古蹟故事館
Qihou Paotai Storeland
入場料無料

関連記事
高雄・旗津の魅力とアクセス方法
高雄の街を見渡すことができる絶景スポット、旗後灯台
日本統治時代の台湾につくられた製糖工場跡”高雄・糖業博物館”(1)
日本統治時代の駅舎が残る、台中、台南、高雄駅

いつもブログを購読いただきありがとうございます。
先日は節分でしたね。恵方巻をはじめて食べました。
ずっと関東在住でしたので、関西に引っ越してきて太巻きを食べる習慣の根付いているレベルの違いを実感しました。お寿司屋さんで買ったのでとっても美味しかったです。

1月のアクセス数について、ご報告したいと思います。

ページビュー数726件(先月681件)
セッション325(先月321件)
直帰率76%(先月74%)
新規セッション率40%(先月23%)
オーガニック検索のセッション数215件(96件)


(「オーガニック検索のセッション数」とは、検索サイトから検索してアクセスただいた件数です。)
※データーは、Googleアナリティクスからとっています。

検索サイトから来ていただいている方が大幅に増えています。ありがたいことです。
ブログをはじめて3ヶ月以上経ち、さらに検索順位が上がっているようです。

ページビュー数、セッション数ともに前月を上回りました。
ありがとうございます。

一方で更新回数が減ってしまったのでいつも見ていただいている方の割合が減ってしまっているようです。
更新が不定期になってしまっており申し訳ないです。

また、一番人気のあったページは
ご飯にかけるギョーザ
でした。

これからも頑張りますので、至らない点、気になる点などございましたらコメントをよろしくお願いします。

関連記事
ブログ状況のご報告(2014年12月)
「ことのはぐさ」について

旗津は砂州のため基本的にはほとんど平らですが、旗津市街地の背後には小さいながらも急峻な山がそびえ立っています。
頂上には清王朝が築き上げた砲台と灯台があり、旗津を代表する観光スポットになっています。


山に向かって右の登り口を進むと灯台へ、左に進むと砲台跡へたどり着きます。山の上で砲台と灯台は登山道で結ばれています。

灯台の敷地は無料で開放されており、小さな資料館も併設されています。

敷地内は緑が多く気持ちのよい空間です。
P_20141231_144343.jpg

中華民国の旗がはためいています。
P_20141231_144326.jpg


資料館の中にあった灯台の模型
P_20141231_143900.jpg

月曜日は休業なのでご注意を♪

ただし、灯台に入ることができなくても高雄の街を一望できる景観は楽しむことができます。
20150124231344724.jpg

灯台はレトロで小ぶりな作り。
もともとはイギリスが建てたようですが、日本統治時代に大改修されたのが、現在の灯台の建物です。
20150201214034952.jpg

内部は中華民国政府になってからも何度も改修され、高雄港の灯台として現役で活躍しています。

■旗後灯台
 開放時間9:00~16:00 月曜日休業 入場料無料



関連記事
高雄港を守っていた清朝時代の砲台、旗後砲台
高雄・旗津の魅力とアクセス方法
日本統治時代の台湾につくられた製糖工場跡”高雄・糖業博物館”(1)
日本統治時代の駅舎が残る、台中、台南、高雄駅



最新記事(古い順)