P_20150103_102848-PANO.jpg

台南市の孔子廟を訪問して
驚いたのは、人の多さ。

台北の孔子廟は建物は立派で、
台北の孔子廟は日本語で論語のことを学べたりと
楽しい観光スポットではあるのですが
閑散としています。

高雄の孔子廟はとても広く、立派な建物ですが
同じく人気は少ない状態。

台南市の孔子廟は台北市、高雄市に比べると
規模は若干小さいですが、
有料にもかかわらず参拝する人が
ひきをきらない状態でした。

市民の方の憩いの場としても活用しているようでした。
市民主催のイベントも頻繁に開催されているようで
公民館のような使い方もされているようです。

入場料は25元(日本円で100円ぐらい)。
孔子様を祀っている本殿(文廟)のみが有料で、
明倫堂など他のお堂は無料で見ることができます。

1666年に建立された、台湾最古の孔子廟でかつては
台湾の最高学府として多くの学生が学んだ歴史を持っています。
国内に24箇所しかない国家1級古蹟に認定されています。

国家1級古蹟(中華民国・台湾)とは
日本の国宝に該当する制度です。
台南市には台南孔子廟、祀典武廟、五妃廟、大天后宮、赤崁楼、二鯤鯓砲台の6つが選ばれています。
一つの市で6つはダントツの最多で、台北市は2つしか選ばれていません。
もっと詳しく知りたい方はWikipediaをどうぞ


↓明倫堂が勉学の場として主に使われていたみたいです。試験を受けて合格した学生が月に1回程度(少ない!)通学していたようです。壁に書かれている文字は、学校として使われていた時代の心がまえです。とてもキレイな字ですね、、
P_20150103_103115.jpg

廟内は緑あふれる涼やかな雰囲気で、庭園の様。
建物は美しい朱色に塗られており、手入れが整っていました。
落ち着いた素朴な建物で、日本人好みだと思います。

P_20150103_104223.jpg


↓メインの文廟
P_20150103_103836.jpg

↓文廟を囲む建物は博物館のようになっており、祭礼の際に使われる楽器が飾られています。
P_20150103_103624.jpg


文廟の入口のそばでみんなが黄色い紙に
願い事を書いて貼っていました。
入口で紙をもらい、願い事を書いて後ろに
スタンプを押して壁にかけていました。

日本で言えば絵馬みたいな感じです。
写真撮りたかったのですが人のお願い事を撮影するのは気がひけたので遠慮しました。
興味のある人はぜひ現地で見てください♪

多くの人がやっていて、スタンプはなかなか
順番が回ってこないほどの流行りようでした。
現地ではご利益が有名なのかな?

時間がなかったのであっさりとしか見れませんでしたが
機会を改めてゆっくりみたいと思わせてくれる場所でした。

孔子廟とあわせて訪問して欲しいのが
周りに残る、日本統治時代の建物です。

(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事(古い順)