高雄港駅すぐそばの山を登ったところに英国領事館があります。
ちなみに打狗は、高雄の旧名です。
高雄が日本に統治される前、打狗と呼ばれていた時代にイギリスが税関業務を行っていたのが
打狗(高雄)英雄領事館です。

さらにウンチクを垂れますと、
現在、英国領事館と呼ばれている建物は、英国領事の住居で
本当の領事館は別の場所にあったそうです。

山の上にあるので登るのが少し辛いです。
ちょっとした山登りになるので、歩きやすい靴で来るといいでしょう。
階段が続くので、冬でも汗でびっしょりになりました。
夏はかなりキツイと思いますよ。水などもしっかり持って行った方がいいでしょう。

入口の前には中華風のお寺があり、
そのすぐ裏手に領事館の入り口があります。

観光施設として保存されており、
高雄を紹介するガイドブックなどには
必ず載っているほどの人気スポットです。

いかにも英国風といった、赤レンガの美しい建物です。
高雄港を一望できる絶景の場所に立っているので眺めも抜群!
英国人のお屋敷は、どこの国にあっても丘の上に建てられていますね。

DSC_0396.jpg

現地の人々には、写真撮影スポットとして、
愛されているようです。
私が行った時は卒業シーズンだったようで、
卒業写真を撮っている人がたくさんいました。
また、カップルで写真を撮りに来ている現地の人もいました。

DSC_0391.jpg

高雄港駅周辺や旗津半島も一望することができます。
どちらの観光スポットも魅力抜群なのであわせて訪問することをオススメします。

二階は英国式のカフェになっており、
英国風のアフタヌーンティーなどが楽しめるようです。

私は時間が無かったので行きませんでしたが、
メイドの格好をした、ウエイトレスさんが給仕をしているのが見えました。

英国風のお洒落な雰囲気、今度は時間がある時に訪問して
ゆっくりと楽しみたいものです。

あと、もう一つ悔しいのが裏手にももう一つ別の建物が
あった見たいです。私は、帰ってからパンフレットを眺めていて気がつきました。
皆さんは、慌てて見るのを忘れないように気をつけて下さいね。
そんなの私だけですよね(><)

関連記事
高雄・旗津の魅力とアクセス方法
高雄の街を見渡すことができる絶景スポット、旗後灯台
日本統治時代の台湾につくられた製糖工場跡”高雄・糖業博物館”(1)
日本統治時代の駅舎が残る、台中、台南、高雄駅


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事(古い順)