上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京には二つの鉄道博物館があります。ひとつは昔の北京駅の建物を利用した、正陽門の横にある博物館。
現地ではこちらが有名なようですがパネルや模型展示が中心で、実際の車両展示はありません。

もうひとつが、バスで1時間ほど行った郊外ある鉄道博物館です。環行鉄道という環状にレールがしかれた、試験線のそばに存在します。
広大な敷地面積を誇り、実際の車両展示が魅力とのことです。

実際の車両が見てみたいと思い、郊外にある鉄道博物館へ、行ってみることにしました。

まずは天壇からバスの発着地北京駅へ移動します。
天壇東口にある大きなバス停で適当に見たら北京駅行きのバスを発見!

こちらのバスで北京駅へ。駅が近づくにつれ近代的なビル郡が見えてきます。香港や東京と比較してもまったく見劣りしないレベル。中国の発展のスピードには目を見張るものがあります。

P_20150504_114356.jpg

まもなく北京駅へ到着。ものすごい混雑。ホテルの客引きや、出稼ぎ労働者の斡旋などがいたりと、猥雑な雰囲気。ほかのエリアとは違った空気が感じられます。
すりなどに会わないように気を引き締めて歩きました。(中国の大都市の駅周辺はなんとなく恐い雰囲気を感じます。)

P_20150504_121333.jpg

駅の横にあったチェーン店で簡単な食事をすませて、鉄道博物館最寄のバス停、「环行铁道」行きの403路のバス停へ。

バス停が広く、たどり着くのに苦労しました。駅から歩道橋を渡って東(駅から見て右)に行ったところにあるバス停から出ています。

10分ほど待つと、二つの車両をつないだ大型バスが到着します。ありがたいことに車掌さんもいました。料金を聞くと3元とのこと。安くていいですね。

最初のうちは空いていましたが途中からどんどん乗車してきて席がなくなってきました。1時間ほど乗っているとだんだんとのどかな風景に。バスの操車場のようなところが終点です。

4、5人まだ乗っているのに「終点だよ」と降ろされました。
あとの残りは、関係者?人が多すぎて終点だと思いませんでした!

バス停「环行铁道」

※途中まで地下鉄で行って乗り換えたほうが時間の節約になるかも。

バス停には鉄道博物館の看板などは一切なし。大雑把な地図しかないのですが、こっちのほうだろうと適当に歩き始めます。
踏み切りを超えると電影博物館の看板があり、左手に折れるとやっと鉄道博物館の看板を見つけました。

案内に沿っていくときれいな並木道。
P_20150504_132727.jpg

並木を通り過ぎると門がありましたが門扉もなく、博物館の雰囲気はかけらもありません。

P_20150504_133039.jpg

横には線路が通っておりぼろぼろの電車が停まっているだけ。
この時点で博物館がつぶれたのかと思いました。

P_20150504_134149.jpg


遠くのほうに車両倉庫のようなものが見えるのでせっかく1時間もかけたのだから近くまで寄ってみるかと思い、さらに500メートルほど進みます。

こちらはちゃんとした門扉があり、チケット売り場らしい建物もありますが、閉鎖されていました。

P_20150504_133629.jpg

さくの横から無理やり写真をパシャリ!

P_20150504_133633.jpg

後から調べたところ、たまたま月曜日が休業日だったみたいです。
しかし、開館していていてもかなり寂れていそうな雰囲気です。

さらに20分ほど歩いて電影博物館まで行ったのですが、こちらも月曜日は休みというダブルパンチの不幸に見舞われました。
(歩くべき距離じゃなかったです。タクシーに乗ったほうが無難です。)

電影博物館は非常に立派な建物でした。こちらは期待できそう。機会があれば、いつか訪問してみたいです。

アクセスがめんどくさいのが欠点ですね。次は帰り道に、芸術区に寄った記事です。あわせての訪問だと移動時間を節約できますよ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事(古い順)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。