P_20160102_114224.jpg

国家博物館の次には、そばの天安門広場の北にある鉄道博物館(正陽門館)へ、むかいます。昔は北京駅として使われていた建物が、改装されて博物館となっています。

中国人の人がこの建物は日本がつくったと言っていましたが、調べてみるとそんな歴史はなさそう…
(日本が駅や鉄道を運営していた時代はあるみたいですが)

先日、訪問した郊外の鉄道博物館は、定休日という散々な結果だったので、その代わりに訪問をしてみました。

内部はちょっと薄暗い雰囲気で閑散としています。あまり流行ってはいない。そばの天安門広場周辺の観光スポットは混雑してるところが多いのと比較するとかなりのギャップが。
あまり、中国の人に鉄道好きはいないのでしょうか。台湾の人は鉄道好きが多くこの手の施設は大人気なんですけどね。

P_20150505_132613_HDR.jpg

郊外の博物館とは違い、パネルや模型が中心となっており、中国の鉄道の歴史をパネルで学ぶことができます。
中国にとって鉄道の歴史というのは帝国主義の侵略と重なる部分もあると思いますが、感情的な内容は抜かれ淡々とした歴史的事実が主に記載されていました。
詳細に中国の鉄道網発展の歴史をたどることが出来るようになっています。

20150926094754146.jpg

P_20150505_125148_HDR.jpg

一部には昔の北京駅として使用されていた時代を再現した実寸代のジオラマもあります。

P_20150505_125806_HDR.jpg

地下には高速鉄道や巨大なターミナルの模型も展示されており発展していく中国の力強さを感じさせられます。(夢のある未来像が描けるのは、経済成長のまっただ中にある中国の特権ですね。うらやましい限りです。)

1443228682007.jpg

歴史好きな人は結構楽しめると思います。一方で実物の展示がないので子供などには厳しいかも。(唯一の体験施設として高速鉄道への乗車を体験できるシュミレーターがありましたが別料金みたいだったのでやりませんでした。)
郊外の博物館と違ってアクセスしやすいのが魅力ですね。展示スペースは結構広く、ざっと見るだけでも1時間以上かかりました。しっかりと見たらさらに時間がかかるかも。

広告


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4831757260485415"
data-ad-slot="5048920289"
data-ad-format="auto">



中国鉄道博物館
営業時間9:00〜17:00(月曜日休館)
入場料20元



建物の中にはチェーンのレストランが入っているので天安門付近で安めに食事を済ませたい方はここで食事をするのがオススメです。

続く


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事(古い順)