上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然、出会った北京で観光ガイドをしている方に、
一押しでオススメしてもらったのが頤和園。

まだ行ったことがないというと、ぜひ見るべきだとのこと。
円明園には行っていたので、同じようなもんじゃないのと言うと、
円明園は廃墟になってしまっているが
頤和園は現在も建物が残っているので全然違う。

ぜひ行ってみなさい、さらにオススメされたので、
興味が湧き、行ってみることにしました。

地下鉄4号線が目の前まで伸びているので、アクセスは簡単。

結果を言えば、見ごたえは十分。オススメするのもわかります。
半日しか時間をとらなかったのが、勿体無かったです。
しっかりと廻ろうとすると、丸1日かかると思います。
有名どころだけ、かいつまんで見るとしても、最低3時間ぐらいは、予定しておいた方がいいと思います。
それほど、頤和園は巨大で、見所も多いです。

チケットが2種類ありますが、せっかく来たのなら「联票」の方がいいと思います。

別料金のかかるエリアにも入れるチケット
「联票」60元(冬季は50元)

別料金のかかるエリアに入れないチケット
「门票」30元(冬季は20元)

時間が少ないなら「门票」を買って見たい場所だけ別料金を払えば安くつくかもしれませんね。

地下鉄から行く場合、北門から入ることになります。
門をくぐってすぐに目に入るのが、カラフルなお家が立ち並ぶ蘇州街です。

頤和園をつくった洪武帝は蘇州が大好きだったので
北京の地に蘇州のミニチュアをつくり、
お店なども再現し、宮廷の女官や宦官たちに蘇州人の服を着せて売り子をさせたり、
蘇州の街にいる気分になって楽しんだと言われています。

現在でも、飲食店やおみやげ屋さんとして営業しており、
皇帝と同じく、蘇州の気分を楽しむことができるという触れ込みです。

橋の上から全景を撮影しました。
橋の上から見るだけなら、蘇州街の入場料金を別に払わなくても見ることができます。

P_20150505_144837_HDR.jpg


建物はちゃっちいし、売っているものも本当に蘇州のもの?なの?といった感じです。
新しそうな建物だなあと現地にいる時から思っていましたが、後から調べたら
昔の建物は1860年にイギリス軍とフランス軍に壊された後、修復されずに
1988年になったから、やっと再建されたみたいです。

蘇州街エリアは外国人旅行客が多く、中国人の方は少なめな感じで、閑散とした雰囲気でした。
わざわざ入園料を払わなくても、橋の上から見たら十分な気がします。
通りが細くて手すりもないので、小さな子供には危ないかもしれません。

P_20150505_143901_HDR.jpg

本当の蘇州は昔の町並みが残る、風光明媚なところでしたが、実物には遠く及んでないですね。
頤和園の中で、一番楽しみにしていたのですが、ちょっとがっかりでしたね。

最後にもう一枚。写真映えはしてますが、実物はそれほどでもないです。
遠くから見る方がキレイです。
P_20150505_143241_HDR.jpg

蘇州街はちょっと残念でしたが、頤和園の他の見所は良かったですよ。
頤和園の他のエリアについては今度。

広告



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4831757260485415"
data-ad-slot="5048920289"
data-ad-format="auto">



(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事(古い順)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。